FC2ブログ
M女性がSMを楽しみたい、もっとその世界を知りたいと思っても、なかなかその一歩を踏み出すことは難しいのではないでしょうか? そんな貴女のためのコミュニケーションブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新月狂詩曲 第01回 新月誕生
新カテゴリーのスタートです。ここと連動した「SMコミュニティサイト新月」での出来事を管理者の視点で、記録していきます。第01回の今回は、その誕生について、半年前のことを振り返っていきます。

1 十六夜のドメイン失効騒動

2012年の2月、このブログでも何度かエントリーをしているように、十六夜が閉鎖された。十六夜のドメインが失効して停止したのだ。十六夜を舞台に、2SHOTでM女性とのコミュニケーションをとり、フィールドワークをしていた僕にとって、これは由々しき事態だった。目標を100人に設定して、M女性の気質を分析したいと思っていた僕にとって、十六夜は大事な場所になっていた。十六夜に通い始めて一月半まだ40人ぐらいと話しただけで、目標の半分にも達していなかった。

なんとか活動の場を確保するために、他のSM系のチャットやコミュニティを探しまくったが、あまり盛況なところはなく、あっても十六夜のように、気軽に誰もが入っていける雰囲気ではなかった。

気軽に…、「あのどうしようもない待機メッセージの羅列で?」とまあ、思うだろうが、正確に言うならば、きわどい広告もなく、大人数の中から女性が選択できるという意味で…。
それに、これまで十六夜を通して知り合ってきた多くの女性とコンタクトをとり続けるためにも、どこかちょうどいい場所を確保する必要があった。一度知り合って、メール交換した女性も多かったし、gmailを使ったチャットも利用していたが、ときどき、十六夜を訪ねてくれる人も多くいたのだ。


そういった自分の状況だけではない。普段からサーバーが重くてあまり調子の良くない十六夜がダウンすると、途端にこのブログのアクセス数が大きくアップするという現象がアクセス解析から顕著だったのだ。これは、僕がことある事に十六夜で出会った人の話をブログでしていたために、検索エンジンが、十六夜で検索するとこのサイトをリストの上位に乗せるようになってしまっていたからだ。

十六夜のドメイン失効によって、この傾向はより顕著になった。「十六夜の難民たちが大挙してここを訪れている」。彼ら、彼女らのためにも、なにか出来ることをやってみるか…。そんな軽い気持ちで、とりあえず十六夜の代わりになりそうな、応急処置の2SHOTチャットのwebサイトを作ってみようと考えたのだ。





2 2SHOTチャットサイトの構築

つくるためのルールは簡単。金を使わない。時間をかけない。すべてフリーの素材で作り上げる。もともとwebサイトを作るのは、趣味でも仕事でも多少経験があるためコツはわかっている。……つもりだった。

まずは、サーバを探す。時間もないし、新しくドメインを取っているような時間はない。仕事で使っているドメインやサーバーは使えない。フリーのサブドメインで使えるサーバを探す。
サーバが満たさなければならない条件は以下の通り。

 1.完全フリーで、出来ることなら広告バナーが画面上部に付かないところ。
 2.アダルトコンテンツがOKなのところ。
 3.CGIが使えることころ。しかも負荷のかかるチャットのCGIが使えるところ。
 4.容量はそんなに多くいらないが100MBぐらいはあった方がい
い。

条件1.2.4を満たすところはすぐに見つかった。ただチャットのCGIを使えることはほとんどなかった。あってもアダルトサイトは不可だったり、広告がどぎつかったり…。

チャットのCGIは、使い勝手がいいというか、できることなら、十六夜とあまり変わらないものにしたかった。ただ十六夜で使っているCGIはすでに配布が完了していて、いくら検索しても、このプログラムを手に入れることは出来なかった。類似の2SHOTチャットのプログラムはいくつかあったが有料だったり、部屋数が自由に設定できなかったりと、自分の中のイメージとは違うものだった。

早くも、僕の計画は頓挫しそうになった。

「やはり、フリーサーバで、アダルトサイトのチャットルームは無理なのか…」

とあきらめかけたときに、CGIではなく、PHPのチャットプログラムを見つけたのだ。
そこで考え方を変えた。フリーサーバの条件から3をはずし、PHPならOKというサーバを選び、同時に2SHOTチャットのCGIを探す過程で見つけた、PHPのチャットプログラムを採用することにした。このPHPは十六夜で使っているCGIの原型の2HOTプログラムをPHPに移植したもので、写真のアップロードの機能はついていなかったが、それ以外はほぼ、十六夜と同等の機能がついていた。

メールで、サーバの申し込みをして、PHPのプログラムをダウンロードする。PHPのプログラムで必要事項を書き換え、修正して、サーバにアップしてみる。ちゃんと稼働することを確認して、サーバにセットした。これでコンテンツを立ち上げる目処が立った。


3.サイトの体裁を整える

サイトに必要なものを考えた。チャットの待機メッセージは大事なので、十六夜よりすこし長めに入力できるようにして、無言待機時間も長めにした。その上で、伝言用のBBSを設置。これも、ネットでPHPで稼働するプログラムを探してきた。後は、十六夜を求めてやってきた人たちのために、難民掲示板を設置して、とりあえず完了。


4.サイトのタイトル

後はトップページや、サイトの名前を考える。
サイトの名前は、やはり月にちなんだものにしようと思った。十六夜の後を継ぐというと大げさだが、まあ訪れる人に、そういう印象を持ってもらった方が都合がいいと思ったからだ。「新月」という名前が頭を過ぎった。 

新月、朔月…。新月には印象深い想い出がある。大学時代、原宿表参道の、駅前の歩道橋での出来事。その日は新月で、月齢は、多分1日未満。原宿から代々木体育館の方を眺める方角、まだ夕闇というには明るい時間、ほのかにオレンジ色に色づく空に、その細い弓なりの月は浮かんでいた。

不思議な光景だった。見えるはずのない月の影が空の色に溶けてしまいそうになりながらも、しっかりと円の形で見え、その下だけが白く、細く輝いていた。

それは幻想的な光景だった。見えないはずの月の影が見える。どういうことだろう…。地球からの逆反射だろうか? 理由はわからなかったが、僕はその月に見とれていた。

それから30分ほど、僕はその影が見えなくなり、太陽を追いかけるように、沈んでいくその月をずっと眺めていた。

僕は帰ってから、天文書を読み漁り、これが「地球照」と呼ばれる現象であることを知った。

サイトの名前候補として「新月」を考えたとき、すぐにこの体験を思い出した。普段、見えない隠れた部分をほのかに照らして、美しく幻想的に見せる新月と地球の光…。

うん! 
まさにSM嗜好者のサイトにうってつけじゃないか!


と僕は即断したのだった。



地球照
地球照;地球で反射した太陽光が月にまで達し、その光がさらに月面で反射され、再度地球にまで戻ってくることによって生じる。 地球照は、地球で反射した太陽光が、月を照らすことによって生じるものである。眼での確認が容易な期間は、新月を挟む、月齢27から3(三日月)前後の、月の輪郭が小さな時。
by wikipedia



こうして、サイトを作ろうと考えたその8時間後に即席サイト「新月」は誕生した。
トップページと、伝言掲示板、十六夜難民掲示板、そして2SHOTチャット26部屋。
2月12日。十六夜がダウンしてすでに5日が経っていた。


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL

Copyright © M女性のためのSM入門. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。